ケーススタディ : 「広告プランに一段の味付けをする」

Case Study: Spicing Up the Media Plan | Active International Helps Client Liquidate Excess Inventory

クライアントの難問

賞味期限が短くなったものを含め過剰在庫を処分する必要性に迫られた大手調味料メーカーのD社は、被るべき損失を最小限にする方法を模索していました。

アクティブ・インターナショナルの回答

アクティブはD社にトレード・クレジットを引換えに過剰在庫を正価で引き取り、D社の承認した相手先に再販しました。D社は引換えに、トレード・クレジットを利用して広告の一部をアクティブから仕入れる事を代理店と調整する事に合意しました。

結果

  • 財務上損失の軽減 :現金ではなくトレード・クレジットを受領した事で、D社はバッタしていたら発生していたはずの大幅な損失を出さずに、本来の価値で処分する事ができました。
  • ブランドイメージの保全 : D社はブランドイメージを維持出来る処分先を選定・承認しました。
  • 計画通りの広告 : トレード・クレジットを活用してアクティブにより手配された媒体は総て、D社の代理店が計画した購買指針と価格に則りました。
  • Casestudies_sneakers

    「商品を媒体に変身させる」

    カジュアルファッションとスポーツウエアのメーカーでグローバルに事業をしているN社は、宣伝予算を維持しつつ過剰在庫の処分損を回避する必要がありました。

  • Active International Helps Eliminate Excess Inventory - Fashion Industry Success Story

    「継続する優位性は継続する関係から」

    国際的に有名な4ブランドのメンズウエアを有するメーカーのA社は、シーズンの変わり目でしばしば過剰在庫問題の対処に追われます。